FC2ブログ
2007_10
13
(Sat)14:50

宿敵?

いくら工作を趣味にしているからって必ずしも得意ではない
分野が誰にでもある。

人によっては材料への罫書きが嫌いな人もいれば塗装が苦手な人も
いるし、インレタ貼りが嫌いな人ももちろんいる。
もちろん多くの人が勉強したり数をこなしたりして克服しているのだが
いつまでたってもカンがつかめないし相性の悪い工作があったりする。

私にもどうしても苦手な工作がある。
それがこれの組み立てなのだ。

カプラーバラバラじゃ


皆様ご存知のケーディカプラーである。
現在は商標切れでマグネマティックカプラーと言うらしいが
ケーディのほうが馴染みがあるのでここでは旧称で書きます。
昔はパンタグラフより高い高級パーツでしたね。←オジサンだね!

現在では標準装備されてたりするのでわざわざ袋のカプラー買って
組み立てる必要が少なくなったとはいえ古くからのモデラーなら
昔の完成品のベーカーカプラーをこれに交換するのが
工作の入り口だった方がきっと多かろう。(私もその一人だ)

このケーディカプラーを製品に取り付けるには組み立てなければ
ならないのだが画像にある小さな小さなスプリング・・
直径1mmで長さ4mm程くらいだろうか?
これを組付けるのがいまだに苦手なのである。

バネなので指先からピンッて飛んでしまうことしょっちゅうだし
床の種類に関係なく発見が非常に難しい。
メーカーもそのへん解ってるのか丁寧に予備まで入れてくれてるが
運が悪い時はそれでも足りなくなる事がある。
これまでに一度も失くした事ないよ! と言う方がおられれば

その方は神です。

私も以前に比べればいくらかマシになりましたがそれでも
精神状態がよほど良くなければやりたかないし、一個でも失敗すれば
続けてやろうとは決して思いません。

ケーディカプラーの復元バネには3種類あり、今回のタイプの他
スタンダードの5番に使われる板バネ(これは取り扱い楽ですね)と
30番台に使われるもうひとつの巻きバネタイプ・・・

未登頂・・・


私、実はこれいまだに嵌めることが出来ません。(TT)
遡ること10数年前、何に使う為なのかは忘れましたが初めて買った
30番台カプラーの組み立てが出来ず以来今日までずっと
死蔵してきたのです。 そう、どうしてもバネが嵌らない・・・
おまけにこのバネ、飛んで無くなるならまだいいのですが
失敗すると指に突き刺さるのです。

とりあえず使う機会が今のところ無いので困る事は無いのですが
なんとなくトラウマになっています・・・(´・ω・`)
スポンサーサイト