FC2ブログ
2007_01
31
(Wed)19:34

もうすぐだと思ったら

年賀状にこのブログのアドレスを書いたせいか今年になってから
アクセスが急に伸びて1日平均100件近くになり大台に近づいていた。
そろそろ20000ヒットかな?と思って家に帰ってブログを開いたら
自分で自爆(^^bしました。

ブログを始めてちょうど1年。
本来思っていた方向とは少しずつ向きが変わってきてしまって
鉄道模型趣味専用の予定が生活全般になってきている。
まあ、友人知人にもちょっと知ってもらおうと欲が出て
多少は一般向けにも読める記事を書いたら結構レス頂いたりして
快感になってきてしまった。

あまりジャンルを特化するよりもこの方がネタには困らないので
管理する側としては楽だったりするのだ。
今後もあまり気にせず書きたい事を書いていこうと思う。
いつも見に来てくださる皆様ありがとう。

そして20000ヒットおめでとう俺(^^/
スポンサーサイト



2007_01
28
(Sun)15:47

相変わらず修理ばっかり

モーター換装中

私の勤める業界は1~3月は非常に忙しい時期です。
普段の週休2日は無くヘタすれば日曜の朝まで夜勤して
翌月曜の朝から昼の勤務なんてこともありまして唯でさえ工作の
進まない私が1年中で最も停滞してしまう時期でもあります。

それでも運転会の時期はやってきます。
何も新たに走らせたい車両が無いのでは寂しすぎますので
すこしでもと思い古い車両を引っ張り出しては整備しています。
で、画像は半年ほど前に登場した中村精密製のED19。

前回では外見のみの整備に留めたのですが、いくら調子が良いとは
言っても4半世紀以上前の製品ですからそれなりです。
最大の問題はこの製品はコストダウンの為か2つある台車の片側にしか
モーターが載っておらず全6車輪中2輪しか駆動しません。
実際に走行させてみても動きはスムーズなんですが力がありません。

しかしこの中村精密というメーカーは非常に親切な構成で
モーターの付かない台車にもあらかじめギヤが組まれており
モーターに付けるウォームギヤまで同梱されているのです。
つまりすぐに動輪の全軸駆動化ができるのです。

ただモーターの入手が問題でした。
当時の縦型モーターは当然生産しておらず運よく中古があっても
旧型モーター2台では消費電力が多くなり騒音も倍増。
で、最近の缶モーターに換えるわけなんですがインサイドギヤ機なので
最近の製品みたいにモーターを寝かして搭載できません。
縦にすると天地寸法が低く屋根裏に当たってしまいます。
まあ、この当時の製品では缶モーターは考えられてなかったし
モーターも軸方向に長くなるのは当たり前ですから仕方ないこと。

そんな時に私のブログを見て運転会の常連で関東在住のO氏から
「使えるモーターあるけど送ろうか?」と言う大変ありがたい
メールを頂いたのでご好意に甘えることにしました。^^

送られてきたモーターを見るとよくヤフーオークションで
「旧製品のレストア用にいかがですか?」と出品されているモーターと
同じもののようで一個当たり600円の値段が付けられているが
O氏によると実際には秋葉原でワゴンに盛られている一個100円
程度のものとのこと。

そんな安いモーターでも性能はすこぶる良くて模型界でも愛用者は
多いとの事だ。 試しに早速通電させてみたが確かに良さそうだ。
さっそくED19に搭載してみたのが画像のようになった。
ただしモーターがあればそのまま付くと言うのではなくて
実際にはモーターの他に軸径を補正するパイプや台枠に干渉しない
ようにアダプターボルトなども一緒に送って頂いたので
それらを駆使工夫をして取り付けることが必要になります。

画像の状態になった時点で線路に載せて通電すると・・
嘘みたいにスムーズに走行します。
これで蘇ったと喜んで仮止めした結線に半田で固定してると
コテを長く当てすぎて・・・

片方のモーターが死んじゃった。(TT)

で残念ながら秋の運転会では出場せず。
その時に再び分けて頂いたモーターで今回の再度交換となりました。
春の運転会では貨車牽いてデビューの予定です。

それにしても人から譲ってもらったものくらいちゃんとしろよ自分。
2007_01
21
(Sun)18:38

ひさしぶりです。

飯田線シリーズその1

随分久しぶりの更新となりました。
実はログインのパスワードをど忘れしてしまいまして管理メニューに入れなかったのです。
トシは取りたくないですね・・

ようやく思いだして戻れたものの、この2週間ばかり忙しくて
工作もほとんど進んでいないので、こんな時のお助け企画である
飯田線コレクションシリーズ第5弾をお届けします。

画像は1995年に発売されたエンドウのその名も「飯田線シリーズ」
2両セットで形式違いのA~Cセットの3種類と荷電の単品2種類が
発売されました。(画像はCセットでクモハユニ64とクハ68)
戦後型の72系や80系は各社から完成品が発売されてますが
戦前型の完成品は半世紀に及ぶ16番スケールでもかなり珍しい。
しかもウルサ形のマニアの多い飯田線の車両が大手の量産メーカーから
発売されたことは当時ちょっと話題になったものだ。

そこんところはエンドウも判っていてこの製品の為に通常の量産品
よりかなり手間をかけているのがわかる。
2段窓、2段雨どいの表現を初め台車は新規で起こしているし
ヘッドライトはロストの鋳造品をわざわざくり抜いて点灯するように
している。だがその手間が価格に反映されて・・・

2両で12万オーバー!(;゚д゚)

と当時としては凶悪な価格を付けて来た。
で、発売してみたらこれが売れないのだ。
私程度のモデラーにはわからないがウルサイ人に言わせると
「似ていない」からだと言う。
少なくても沿線に住んでいて世代的にも実車を見ている私が
気にならないほどのことでも彼らには気になるらしい。
まあ、確かに最高の値段で出すなら最高の模型でないとと言うのも
わからないでもない。

量産メーカーとしてはかなりがんばったが残念ながらユーザーの
求めるところに及ばなかったってところだろう。
この手の車両は当時でも特製品でオーダーメイドすれば
30万でも50万でもしたもので、さすがにそこまでは手の出ない
ユーザーを対象にしたのだろうが、そこまでお金を出すなら
他に欲しいものにも手が届くので順序が後回しになってしまった。
この後に最高峰でもあるクモハ52も予定されてたが
あまりにも売れないのでオクラ入りとなってしまったのだった。

私が所有するのは後年になって中古品として市場に出たもの。
元が元だけに安くは無いが定価の6割程で入手した。
さすがに発売当時の定価では好きな電車でも手も足もでない。
その後10年間に同社から発売された車両でも1両6万超えなんて
ほとんど無い。

メーカーでも気負いすぎると失敗するという好例。
2007_01
06
(Sat)15:10

やる気の問題

分解中のC12

今日の工作は「お仕事」である。

画像の蒸気機関車は隣市に住む知人の物で1970年代に
発売されたC12型である。30数年前でも3万以上したシロモノ。
鉄道模型の中で蒸気機関車は最も高価な部類に入る。
国鉄型では一番小さなSLでもあるが現在なら20万近くなる。
だから最新製品なんて普通の所得の人は買えない。

だから古い製品を直して使う人が多いのだが全てがそのまま
直るわけではないのである。
一番の問題はモーターで30数年前と現在とでは天と地程の性能
の違いがあり消費電力が多く音もうるさい昔のモーターでは
現在の製品と混在させると制御上の制約も多い。

そこで古い製品のモーターを取り外して近年の物に交換する
作業を依頼されていたのであるが私の本業は修理屋じゃないので
請け負う条件は「いつでもいいのなら」である。
工作自体はさほど難しいものではない。分解、組付け、調整まで
やっても問題なければ1時間あれば出来る。

ただし難しくないと言っても人様の所有物で高価なものだから
よほど精神状態が良くないと手を付けないことにしてるのだ。
今回の物も依頼されたのは半年以上前なのだ。

忘れてたんじゃないのかオマエ?

と言われれば・・・あえて反論はしない(^-^)フフ

文句でも言われようものなら 「じゃ自分でやれば?」
といつでも突っ返す非情な闇修理屋だったりする。
もちろん専門で修理をやってくれる業者も存在するが
この程度の内容でも1万円程度じゃまずやってくれないのだ。
そこで私のところへ持ち込まれるのである。

さっそく分解してみるとこの製品が70年代ということが
良くわかるのだ。上下を留めるビスはマイナス(現在は全てプラス)
だし要の部品も高価なロスト(真鍮を鋳造した物)は使っておらず
ほぼ挽き物(フライスで切削した物)ばかりだ。
材料費がかかってなくても手間をかけて作りこんでいる。
16番模型の全盛時代は量産が前提にあってここまで落ち着いて
作りこんだ物は実は珍しい。その分高価なのは仕方ないが。

1時間で終えるはずがギヤボックスのスペーサーが噛み込んでいて
取り外しが容易ではなさそうなので今回はいったん中止する。
ヘタに壊したら部品代が万単位で圧し掛かってくるのだ。
まあ、今度の運転会に間に合えばいいだろう。

どうせ俺のじゃないし^^

闇業者は非情が常。わはは。
2007_01
04
(Thu)14:50

疲れが取れん・・

1月2日は4年ぶりの同窓会でした。

元々肝臓の悪い私は普段の晩酌はノンアルコールビールです。
というか独身時代でも平日はまず飲みませんでした。
それが結婚してから毎晩ビールを飲むようになったのですが
1年後には育児疲れもあってダウンし40日に及ぶ入院・・・
退院後元に戻ったと思って晩酌再開したらまたダウンして30日入院。
そういえばオレの親父も酒好きだったけど体壊して若くして逝った。

つまり好きだけど遺伝的に弱いんですね。
ですから普段は相当抑えてるんですけど久しぶりの旧友との再会に
スイッチが入ってしまって13時間飲みっぱなし!
ハイ、2日たった今も調子おかしいです。

それでも1日中寝てると他がおかしくなるのでがんばって起きる。
起きるだけではコタツでテレビみてゴロゴロしてしまうので
横にいる相棒に声を掛ける。 「出かけるか?」って

PDR_0122.jpg


あら? 珍しくのって来ない。
2度声を掛けたが薄目を開けるだけですぐにあっちの世界行き。
犬って勘が鋭くて飼い主がやる気が無いのをすぐに見抜く。
いやいや行くくらいなら寝てたほうがマシだよ!って言われてるみたい。

いくら調子が悪いからって

犬に気遣ってもらってどうするオレ (*--)