2015_07
28
(Tue)21:14

明日朝出発します。

ねこ1


待ち続けること24年。

準備期間3年

とりあえず借金はせずにすんだ。(爆)

ようやく明日、その日を迎えることが出来ます。


19日も連続休暇すみません。 会社様

嫌味の一言も無くありがとう。  上司様

応援してくれてありがとう。   ブログ読者様

同窓会出席できなくてゴメン。 同級生様


そして、そして何よりもオヤヂの暴挙を許してくれた

家族に感謝して明日早朝、北へ旅立ちます。




あふれる想いで出発前から涙ぐんでます。^^;






  
スポンサーサイト
2015_07
24
(Fri)08:40

準備も終盤



北海道ツーリング出発まで5日。

相変わらず台風12号の予想進路と速度が日々変わってて
落ち着か無い日々を過ごしております。

29日午前5時に自宅出発予定なので現段階ではまだ
予報円の中に入ってますし、茨城県大洗港出港が18:00と
これまた影響が残ってそうなギリギリの時間・・・・。
とにかく予報よりは早く抜けてくれと祈るばかり。

雨の出発も覚悟せにゃならん。^^;



時計交換

そんな心揺れる日々ながらも準備は最終段階に入りました。
まずは新車時から付けていたバイク用の時計の交換をします。

丸い奴がこれまで付いていた奴なのですが、なんとこれ
電波時計なのに最初から受信機能が壊れていたことに購入後
1年以上経ってから気が付きました。

保証も切れてるので交換できないし当初は大して時間がずれて
なかったので今日まで仕方なく使ってきましたが、手動での
調整機能が無いのでこの2年半で6分も遅れてしまいました。

もう一つ問題があって、もともと振動の大きいバイクなので
ある領域でビビリ音が発生することと、風防の形状が変わった
ので、そのカタチから風の影響を受けやすくビビリ音がひどくなり
今回の旅を期に小型のものに交換することにしました。



メインバッグ

メインのシートバッグもパッキングを開始しました。
17日分の荷物ともなると、これまでよりかなり量が増えますが
容積の大きいものを小型のものに買い替えたり、詰め方を工夫
することで何とか予備に買った追加バッグを使わなくて済みそう。

追加バッグは買っただけで無駄になった。^^

まあ、よくあること・・・よくあること。(w



地鶏棒

今回の旅ではこれまで持って行ったことない荷物がいくつかある。
前々記事のタブレットもそうだが、最近何かと話題の自撮り棒。
これはFBの投稿用に携帯で自身を撮影するために購入。

旅先では出来るだけ他の人に声をかけてコミニュケーションを
図っていてシャッターをお願いするのも大切なふれあいの一つと
考えてますが写真を撮りたい所にいつも人がいるわけじゃない。

まして広大な北海道の景色のよい名も無い場所だと誰もいない。
観光名所なら困らないが自分だけが気に入った気付いた場所
なんかでは大活躍すると思われます。


結局、今回の旅の準備にはバイクの改良代、整備代を含め
新たに買ったものとの合計でかる~く10万円オーバー!!


でもまったく後悔ありません。


気分が浮かれてブレーキが効かない状態なのも確かです。

でもね、


25年待ってようやく行けるんだ!

と言う気持ちより

もうこれが最後かも知れない・・

想いの方が今になって大きくなっています。



だから解っているけどそんな自分を許しています。






2015_07
22
(Wed)17:17

おいおい・・

台風12号

北海度ツーリング出発まであと6日

出発前最後の週末は荒天になりそうですねえ・・・。
準備に影響出そうだけど、この分なら出発日の29日は
日本列島抜けてくれそうですね。

揺れるフェリーは生きたまま

体験できるこの世の地獄



なんてこと言ってた方が居ましたが
冗談じゃないですよホントに。^^;

2015_07
20
(Mon)19:41

デジタルグッズにあたふた



タブレットなら入力も簡単だろうと思って購入したけど
使ってみると意外にも難しいというかやりにくい。
所詮タッチパネルがでかくなっただけで慣れてる
キー入力には遠く及ばないことがわかった。

ちなみに私はスマホを使って4年以上経つけど
いまだにスライド入力ができません。
そこでどうしようかと考えた挙句・・・・・・


キーボード


無線式折り畳みキーボード購入!

家電店で見つけた時にちょうどカードポイントがあったので
携帯の機種変更の待ち時間の間に買ってしまいました。
値段はタブレット本体と500円も変わらないけど・・^^;

さっそく帰宅後にセットアップして無事に認識して作動。
ただやはりキーボード数の制限があってフルサイズには
あるキーが一部省略されているのでちょっと慣れが必要。
それでもタッチパネルよりは格段に入力しやすいので納得。

残念ながらマウスは付かないが元々無い時代から
パソコンいじってるのでそんなに気にならないし。
旅に持って行くものにそこまで機能を求めてもねえ・・・
その後に機種変更した携帯とデザリンク設定をしました。

当初は3~4万円のモバイルパソコンを検討しましたが
格安タブレットと携帯式キーボードで1万円で済みました。
まあ旅以外に使いそうもないのでこれでいいです。

携帯は8万円以上しましたが! ^^

もうカネの感覚がマヒしてるのでどうでもいいっす。
でもこれでさすがに打ち止めにします。

あとはバイクにパッキングして持って行く以上は
どうやってこれらの精密機器を保護するか考えねば。

問題を解決するためにお金使ってるのに、そこから
また新たに問題を湧き出してしまうイタチゴッコばかり。
世の中消費させるように上手くできてますねえ。

2015_07
20
(Mon)04:47

更に加速する準備

調整中1

北海道出発まであと10日。

日曜日は朝6時からバイクの調整をしました。
先日の改良は各部品を付け終わっただけで時間切れとなったので
今日はハンドルやスクリーンの角度の微調整、ボルトの増し締め
などバイク全体にわたって隅々まで点検を致しました。

朝9時になったら家から10分のバイク屋へ持ち込んでオイル・プラグ
エレメントの交換をお願いして作業終了までの1時間をバイク屋の
大将と女将さんとお茶を飲みながら談笑して過ごします。

これらの整備も自分で出来ますがガソリンを抜く必要があることと
廃油の処理の問題もあって現在はバイク屋さんにて行います。
少々の手間賃払ってもお世話になってるバイク屋にお金を
落とさないとね。店が無くなったら困るのは自分です。



LED

バイク屋の帰りに用品店に寄って購入したLEDバルブです。
旅先では部品が入手しずらいのでテール&ストップランプの
バルブを高耐久のLEDに交換することにしました。

ヘッドライトやウィンカーバルブは比較的入手しやすいタイプ
ですが、このテール・ストップバルブはナンバー灯も同時に
兼ねるタイプでバイク屋・専門店以外にはまず売ってません。

約5000円と準備資金の底が見えてきた今となっては少々
キツイ出費ですが安心を買うための保険と割り切ります。



点灯してみた

取り換えは差し替えるだけなので5分もかかりません。
さっそく点灯させてみましたが昼間だと以前より明るいのか
どうかはわからないぐらいハロゲン球と差を感じません。

※場合によってはLEDバルブは車検に通りません
  これによって取締りを受けることはありませんが
  交換は自己責任でお願いします。





はっちゃん終了

これを持って予定していたバイク整備は終了です。
本日の出費、バイク屋での整備代とバルブ購入で2万円也!
改良にかかった費用だけで5万円をオーバーしてしまいました。
後は時間を見て磨きこんでいきますかね・・・・と思ったところに

再び物欲神が降臨なさった。



タブレット

今朝見てしまったチラシを思い出して電気屋さんへ行って
5000円のタブレットと1万のポータブルナビを買ってしまう。
前回、デジタルなんてと言っておきながらあかんですね。(w

格安品だけあってナビもタブレットも聞いたことないメーカー。
ナビはともかく3~4万も出して買ったものなら持ち出すのも
躊躇しますが5000円のタブレットなら壊れてもいいやと
手を出してしまいました。

「壊れてるのはお前の方だろ」

帰宅して妻に見せた時に妻の目がそう言ったように・・・^^;


さて本日は更に携帯電話も機種交換しに行って
タブレットから通信できるようにデザリング契約もしてきます。
これで旅先からのブログ更新も出来るようになりますぞ。

さすがに16泊17日分の旅日記をため込んで後日に
UPするのは気が重いし何よりも老化した脳が正確に
記憶してくれないと悩んでいたのです。

まあ、さすがに毎日は無理でしょうが2~3日に一度
くらい更新できればなと思っておりますがあまり過度な
期待はしないでくださいませ。



なんか準備だけで旅の9割が終わってるような気が
するのは気のせいですよね! だよね!


2015_07
13
(Mon)05:29

バイクの改良をしてみる

バイク部品

密林ポチも勢いに乗って注文したバイク部品が揃いました。
今回購入したものはエアクリーナ・UPハンドル・ハンドルウェイト
・グリップ・スクリーン・ライトステーで主にハンドル回りのもの。

まず我がW800(はっちゃん)ではW650時代にはあった
UPハンドルのバージョンがありません。

その為に手足の短い私ではノーマルのままではハンドルが
やや低くて遠い状態なのですがこれまでは我慢して乗ってました。
もちろん改良部品が他社から販売しているのは知ってましたが。

納車して2年半、そろそろ気分を一新したかったのと
この夏の北海道で久しぶりに長距離を走るのを期にあれこれと
手を加えて、より理想に近いカタチを目指すことにしました。

ついでに新車時から付けていたミニカウルもデザイン重視で
風防効果が今一つなのでスクリーンに変更することに。




改造中

部品をバイクに積んで向かったのは仲間の所有するピット。
整備の内容自体は我が家でも出来るレベルのものですが
やはり工具・道具の充実していた場所の方がなにかあっても
対処できるので、いつもここにお邪魔しております。

到着と同時にまずは交換部分の従来部品の取り外しから。
既にカウルが撤去されハンドル周りも交換に備えて
殆どの部品が外されている状態です。




完成系

何分マニュアルも無い手探りの状態での整備。
男二人が汗だくになって挑むこと6時間でようやく完成しました。
途中で使えないとわかった部品を街まで車で買いに行ったりして
2~3時間の作業で済む予定だったのですが・・・

世の中思い通りにはいかない。

っていうのを久しぶりに痛感しましたね。^^


2015_07
12
(Sun)08:38

物欲神が憑依する。 その3



密林ポチの嵐が止まりません。^^

なにか使えるものないかと画面とのにらめっこの日々。
ここ数日にまたまたいろいろ届きました。


コンパクトチエア

キャンプ用の折り畳み式コンパクトチェアです。
有名どころのOEM商品なんですが違いはブランド名だけで
作ってるところは同じだし、基本的な部分は変わらないのに
本家よりかなりお買い得でして5000円也。

これまでは収納性を考慮して座面だけの椅子を使って
来ましたが食事のように座るだけならいいものの、それ以外の
くつろぎ時間(読書など)には少々辛いので思い切りました。



門ベル

こちらは正真正銘の本家ブランドでモンベルのスリープマット。
これまではホームセンターで580円で買った銀マットを愛用して
きましたが収納性と寝心地を改善すべく3日悩んでポチ購入。

悩んだ原因はなんといってもそのお値段。
空気枕とセットで11000円とこれまでの20倍は即決出来ません。
それでも長旅に快眠は不可欠だし、何よりもこれまでの半分以下の
収納サイズに惚れてしまいました。




蚊取り線香

これは何かと尋ねたら? 見ての通り蚊取り線香です。
夏のキャンプで一番うっとおしいのが虫! それもプ~ンの蚊!
一応防虫スプレーなども使うのですが完璧を期すためにポチ。

これ、通常の家庭用の数倍の威力がある野外専用でして
その分臭いも半端じゃないらしいので期待大の一品です。
問題なのは30巻も入ってて余った分はどうするんだ?ってこと。
5巻くらいの小売りがあれば文句ないんですが。



鋳造ペグ

テント用の鋳造ペグです。
テントの付属品に付いてるペグはアルミ製でして軽いのですが
よっく整備された芝生のキャンプ場くらいでしか使えません。

質量が低くいくらハンマーで叩いても地面に刺さりにくいのです。
そこでかなりの重量増にはなりますが鋳造ペグ(通称鉄ペグ)
を導入! 置き忘れ防止に色は目立つ黄色にしました。



アルマイト鍋

最後になぜか近頃家庭では見かけないアルマイト製の鍋。
キャンプ泊も数日となりますと焼肉ばかり食っているわけにも
いかず、多少は料理のレシピを増やす必要に駆られます。

これまでは小型のコッヘルで代用してきましたが小さすぎて
袋麺は割らなければ入らないし、容量も不足が不満でした。
高価なキャンプ用鍋も売ってますがあえて家庭用のアルマイト。

実はこれを選んだのには大きな理由があるのです。
日本一周をしていた頃、いろんな旅人に会いましたが中でも
印象的だったのは大きなバッグに鍋ぶら下げている人が
結構な割合で存在したことです。

ぶら下げる理由はバッグの中にパッキングしにくい形状からだと
思われますが私にはそれがとてもカッコよく見えました。
いつか俺もやるぞと憧れ続けていたのです。


憧れはなんですか? と聞かれて

鍋ぶら下げて旅することです!

とカタギの方々やお友達の前で

言わない方がいいと思います。

まず理解されませんから。^^;



オイラも20数年黙ってました。(w


2015_07
06
(Mon)06:32

物欲神が憑依する。 その2


大人買いシリーズ? 第二弾です。


ライダーシューズ1

ようやくサイズが見つかりライダーシューズも購入しました。
当初の予定品ではなく、たまたま別の店で特価品としてあったのを
見つけて腕を組んで仁王立ちすること10分熟考のうえ決定。

特価品だけど元が高いので予算の1.5倍だったけど
こんな時じゃないと買わないから私としては思い切りました。
定価約20000円が税込みで14800円でした。

これらの履物を買うときにいつも困るのがサイズが無い事。
私は 「タワケの小足」 でして24.5cmしかありません。
在庫過剰で特価品棚に並ぶサイズではないのです。
今回はラッキーでした。



バッグ1

再び別の店に向かいこれまたワゴンセールの特価品のバッグ。
ライダー復帰後の旅としてはこれまでより最も長期になるので
荷物の増加が避けられない見通しのため追加しました。
元の値段は知らんがワゴンに盛られて3000円!

北海道は広いので同じ時期であっても気温がかなり違います。
例えば札幌で30℃ある日に釧路では18℃なんてことも。
となると難しいのが衣類の選択になるのです。

増して風を受けて走るライダーですから体感温度も上下の
幅にプラスして考えねばならないです。
若いころと違うのだから無理が効かないしね。^^;

あと洗濯の回数も減らしたいのもあって衣類全般が
かなりの増量となってしまうのです。

若いころの野宿旅なんて

1週間風呂に入れなくても

1週間パンツ替えなくても

全然平気でしたけどね。


52歳の今はさすがに出来ませんね。^^



ももバッグ?

最近になって見るようになったので正式名称は知りませんが
ようするに太ももに装着するタイプのバッグです。
5000円弱とちょっと高かったのですが気になって購入。

これまでカメラ・携帯・財布などの貴重品はウェストバッグを
用いて来ましたが前後を荷物に挟まれるので動きに制限が
できて使いづらく感じてたので今回初採用しました。
実際に使ってみないと利便性はわかりませんが・・・



雑貨

最後にバイク用品店の後、100均の店に行って買ったもの。
書類入れ(車検証や乗船券など)・衣類用に使う小袋
洗濯バサミ・調味料入れ・カラビナなどなど・・

更に家に帰ってからパソコンに向かい密林ページから
鍋・グリル用炭・野外用蚊取り線香・コンパクトチェア・鋳造ペグ
と次々に思いつくままにお買い上げポチポチ。

もう勢いが止まりません。 (^^)

特価品狙いとは言え、先々週新調したコンデジまで入れれば
準備だけでも既に5万円以上浪費してしまいました。
そして恐ろしいことに事態は更に悪化の一途を辿っています。

「バイクも改造してしまえ」

と部品まで注文してしまいました。
今から取り寄せて改造まで間に合うのか?とも思いましたが
誰も止めてくれる人がいないので暴走し続けてます。


余談ですがこの買い物に付き合ってくれた友人から
同級生の訃報を聞きました。
そんなに親しい奴じゃなかったんだけども
小学生の頃から知ってるだけに複雑でした。
やっぱね生きてるうちにやりたいことやらねばね。
改めてそう思いました。



2015_07
05
(Sun)07:31

物欲神が憑依する。 その1

北海道出発まであと23日。

おおよそのルートは決まってきたので装具や道具の準備を開始。
基本的に必要なものは揃っているのだが、これまで使ってきて
不満のあったものは改善していくのだ。

カネにモノ言わせて! ^^

って言うほど資金が潤沢なわけでは無いのですが少々無理しても
長年思い続けたこの旅を後悔のない快適なものにしたい。
っていうことで昨日はバイク用品店でお買い物してきました。

最初に身に着ける装具から!



新調ジャケット

まずは春夏用のライダージャケットで通風性能に優れたものを
探していましたがちょっといいと思うとなかなかいいお値段で
意思決定に至らなかったのですが候補にあったものの1つが
半額になってたので躊躇なくゲット!

16000円が8500円でした。
※一番欲しいジャケットは4万円するのでさすがに諦めた。^^;



夏グローブ

次に夏用のバイクグローブ。
これまでは免許取得時の教習用に買った1000円ちょっとの
奴で我慢してきましたが今回初めて新調しました。
お値段30%OFFで4500円。



雨グローブ


次にこれは初めて買うのですが雨専用グローブです。
夏なので濡れても構わないのですが合皮と言えど一旦濡れると
なかなか中まで乾かず気持ち悪いのでこれを試してみます。
お値段3000円ちょっと切るくらい。(これもセール品)




シューズ


最後にライダーシューズです。
既にブーツを2足持っているのですがどちらも装着が面倒で・・
2,3日程度なら我慢できるのですが17日間もの長旅では
さすがに鬱陶しくなりそうなのでスニーカーにより近いタイプに
することにしました。

ただ今回はサイズの合うものが無かったので後日別の店で
探すことにしました。 予算は1万円くらいかな?


欲を言えばブルートウスのインカムをヘルメットに付けて
携帯からのナビ音声を受信できるようにしようかなとも
思いましたがキリもカネも無いのでこれは却下した。

もうひとつ現地から配信できるようにモバイル買おうとも
考えましたが都市部にしかWi-Fi環境の無い(どこもそうか?)
北海道の通信環境を考えれば使えねーかとこれも却下。

携帯電話のデザリング機能とやらを使えばある程度可能
なそうですが、そもそもサービスに契約してないし
携帯電波も普及したとは言え、人口密度の極端に低い
北海道の過疎地域では圏外も珍しくないとのこと。
冷静になって思えば・・・・

孤高の旅にデジタルはいらん!

との結論に達しました。(笑)


本音を言えば携帯電話だって持ちたくない。
公衆電話のない現実と緊急時の連絡用に持たねばならんし
カメラだって今はマニアでもない限りフィルムって選択もない。
最小限は持たねばならんようです。


物欲編まだまだ続きます。



2015_06
28
(Sun)07:18

ちょっと贅沢に

海鮮丼

20代の頃、延べ1年以上北海道を旅しましたが
お金がないので削らなければならないのは食費でした。
美味しいもの食べたい欲求よりは1日でも長く旅を続けること
にこだわり、好奇心と若い体力がそれを支えていたのです。

例えば会社を辞めて行った24歳の時の旅で持ち出した
お金は約20万円、これで3か月を乗り切ろうとして立てた
予算は1日当り1000円でした。

1000円と言ってもこれは食費だけではなくて、ガソリン代も
含めての額ですので、かなりキツイのです。
バイクは125ccの小型だったので燃費は約50km/ℓ。
1日の平均距離は150km程度にして約500円。

残りの500円が1日の食事代ですから食堂に入ったりは
出来ませんので朝は昨夜の残りご飯か食パン1枚だけ。
昼は野菜ジュースにお惣菜パン、夜は持ってきた米炊いて
野営場近くのスーパーで買った半額品のおかず・・・。

1日100円位づつ残して3~4日に一度、街の銭湯行ったり
有料キャンプ場の利用料にしたりして出来るだけ1000円を
越えないように毎日節約を意識しての旅だったのです。

でも一度もひもじいとは思いませんでした。

心が満ちていたからでしょうね。
毎日良い景色を見て、毎日新しい人と知り合う刺激的な日々は
退屈なんて感じませんしストレスもありませんから。

この辺の旅の件は後日また書かせて頂くとして・・・


今回の旅の予算は28年前の10倍の1日1万円!
当時からの物価のスライドから考えてもかなり贅沢です。
現在の北海道では極特別な例を除けば2食付の旅宿で平均
6000円前後(俺調べ)、キャンプ場なら500円くらいですし
ガソリンは140円として1日当り1000円も使わないでしょう。

第一の旅の目的は旧友との再会と前記事で書きましたが
第二の目的は20代の時には出来なかった 「食」 なのです。
やたらめったに豪華にというわけではありませんが
そこそこ美味しいものにありつける予算にしました。

17日間の旅なので基本の1日1万円で17万円。
これに本土往復と離島へのフェリー代が約8万円。
さらに万が一バイクを置いて飛行機で帰らなければならない
ような非常事態が起こった時のための予備費5万円。

合計30万円が今回の総予算!
1週間ならヨーロッパ旅行も出来ちゃう金額に・・・^^;

でもまあ2年前の九州9日間でも予算15万でしたから
日程の長さを思えば納得できるのです。

終盤になってお金が余ってたら

札幌でお姉さん付きのお風呂も

いいかも知れない。


ええ、ヘタレですから行く勇気は無いと思いますが。^^;


嫁が読んだら怒るだろうなこれ。




2015_06
22
(Mon)17:58

どうせなら

きそ2

実はあきらめが悪くて相変わらず14日便の空席を待っています。
それとは他に太平洋便をもう一回検証してみることにしました。
太平洋便は苫小牧港を19:00に出港し翌日の仙台寄港の
あと翌々日の午前10:30に名古屋港に到着する。

現在予約中の日本海便と比べれば乗船時間は倍になるが
早期予約割引を使えば運賃は変わらないし到着時間も理想。
どうせ13日便しか乗れないならこちらも結構魅力的なのだ。

日本海便の敦賀港に20:30に着いても自宅までは3時間以上
かかり夜間高速走行とあって疲れた体には少し危険だし
体調や当日の天候を考慮して宿を取れば太平洋便より高くなる。

問題は39時間30分と言う2日2晩にも及ぶ乗船時間を
どうして過ごすか?が太平洋便の最大の問題。

現時点では13日出港の敦賀便のままですが14日に空席が
発生すればすぐに14日に変更し日本海で空きが出ず、
太平洋便13日出港分の空きが出ればそちらに変更できるように
キャンセル待ち予約をしておきました。

それにしても39時間30分・・・・

もうね、いっそのこと

特等室奮発して船内で

ナンパでもしてやろうかしら!

寝てる以外全部暇な船の上だし。


デッキでビール飲んで昼寝して
あとは風呂とベッドの往復が関の山でしょうな。
長旅で疲れた52歳のおやぢに
にょしょうを口説き招く元気は無いと思われ。

それでもいいけどね。

(核爆)
2015_06
21
(Sun)21:01

予定ルート構想中

予定ルート

現在検討中の予定ルート

苫小牧 - えりも - 帯広 - 富良野 - 美瑛 - 層雲峡 

足寄 - 弟子屈 - 根室 - 知床 - サロマ湖 - 稚内

礼文 - 名寄 - 留萌 - 札幌 - 小樽 - 積丹 - ニセコ

室蘭 - 苫小牧


苫小牧着 7月30日 PM13:30  
苫小牧発 8月13日 PM23:30

※往復ともフェリー確保済

船内2泊 道内14泊予定

いくら16泊17日でもこの計画ではかなり無理がある。
実際には3割ほど短縮ルートに変更予定です。

あくまでも想定ルートでして実際に行くとかなり気まぐれが
入るので大きく違ったものになることも多いけど・・・


出発まで1カ月と7日になりました。
どうなるんでしょうね実際のところは・・・^^;



»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。