2017_03
04
(Sat)18:49

ウサ姫治療する。

修理17304

以前から準備は出来ていましたがようやく時間が取れて修理に着手。
ラビットの持病とも言われる燃料漏れがほっとけない程悪化。
さすがにこのままではガレージに置いとくのも危なくなってます。
修理は工具の揃った友人宅で実施しました。




コック外し

まずは燃料漏れの病巣である燃料コックを取り外します。
同型の部品はさすがに複製品が無くてオリジナルも高騰化してます
のでなんとか消耗品の交換で済むようにと願掛けながら分解。^^;
幸い内部のコルクとパッキンを交換するだけで治りました。



ウェザーストリップ

次に車体本体と側板部分の継ぎ目にあるゴム製の
ウェザーストリップが経年で硬化して役目を果たしてないので
これも交換します。 (リヤフェンダーから垂れ下がってる奴)
こちらは何の問題も無く5分で終了。



ライト交換

さて、ここからが今回のメイン作業であるライトユニットの交換。
オリジナルでは電球が交換できないので、現代のホンダ製ライトに
挿げ替えることにしました。

時代もメーカーも違いますから当然そのままでは付きません。
ステーや配線をホームセンターから買って来た材料を使って
改造します。

サイズが若干異なる為、ネジを締めるとケーシングが歪んで
元のネジ穴の位置がズレてライト本体がなかなか取りつかず
友人と二人であれやこれやと対策を練ってなんとか取り付け。



修理完了1

13時から作業を初めて3時間強でなんとか終わりました。
小さなトラブルがあって対策の必要がある部分もありますが
時間が迫ってたので取りあえず走れる状態に戻しました。

ライト交換によりレンズカットが変わり、少し雰囲気が変わりましたが
夜間も安心して走るために必要な改造なのです。
これで必要ならば現代の明るいバルブにも交換できます。
お金ないので今回は見送りましたけど。^^;

今回の部品代、足元マットとコック部品とウェザーストリップで
合計15,000円と痛い出費になりましたがこれで戦線復帰出来ます。
整備代ではW800(ファーストバイク)よりかかりますが承知の上
オーナーになったので文句は言いません。(爆)








スポンサーサイト
2016_07
18
(Mon)20:09

岬でRUN

コンビニ寄る


暑いですねえ~
(´Д`*)

どう考えても一昨日くらいから梅雨が明けてるようなんですけど
いまだに天気屋さんからの発表ないねえ。(18日AM6:00現在)
内部では議論しているんでしょうが譲れないプライドでもあるのか?

さて3連休の中日の日曜日、早朝5時半自宅出発のプチツーリング。
目的地は約100㎞先の静岡県御前崎を目指しています。
早朝出発は私のツーリングの常ですけど今回はイベント参加で
時間が決まっているので遅れるわけには行きません。

1時間半ほど走ったところでコンビニによりおにぎりで朝ごはん。
片道100㎞の走行は49歳になったウサ姫にはちょいと過酷かも
知れませんが今の所、機関順調です。


会場に到着 

午前9時に会場である「御前崎マリンパーク」に到着。
5月に名古屋で参加した「鉄スクーターミーティング」につづくイベント。

「鉄スクーターRUN」に参加です。^^

似てはいますが主催者が違いますし、こちらは集まった全参加者による
パレードランがあったり参加が無料だったりします。
ただ、場所が遠くないだけに(それでも名古屋までは160㎞あるが)
5月に見かけた方もかなり多くいましたね。^^

歓談タイムから始まって30分ほどのパレードラン。
じゃんけん大会による景品争奪戦など短い時間でしたが楽しめました。
主催者によると今年で5年目との事。

私も長くイベントの主催者をしてますから参加者に楽しんでもらおうと
ご苦労されてる感が良くわかりました。
始めちゃったらやめられない気持ちなんて特に。^^

旧車オーナーとしてはまだ1年生のオイラですけど皆さんから
いろいろ吸収して終の趣味となるよう一杯遊びます。


※当日の動画がupされる予定ですが後日追記にてお知らせします。






2016_06
03
(Fri)05:00

5月8日はウサギ会

ぽーとめっせ

GWの最終盤である5月8日のことですが、セカンドバイクである
ウサ姫(私独自の呼称)に乗って名古屋ポートメッセに行きました。
片道70㎞以上の遠出は半世紀前の老体に不安でしたが
トラブルなく無事に会場入り出来ました。

実はこの日ポートメッセではGW恒例のガレージセールである
「オフライン」なるものが開催中なのです。
このセールはクルマ・バイクの部品や用度品が中心なんですが
目的はそちらでは無くて会場となりの駐車場で併催されている

「鉄スクーターミーティング」に参加
にする為です。

ミーティングと言っても特になんかする為ではありません。
愛好者が集まって談話や情報交換するだけです。
もちろん知ってる人なんか一人もいません。

これから作るのです。^^


兎大集合1

さっそく会場入りするとウサギさんが大量に停まっております。
参加資格にメーカーは問われませんが日本の鉄スクーターの
代表車種であるスバル・ラビットが全体の7割を占めています。

ウサギに圧倒されて目立ちませんが、この他には三菱の
シルバーピジョンやイタリアのベスパやOEMのLML。
ホンダのジュノオなど博物館級の車両が集結してまして
主催者発表によると93台も集まったそうです。


兎大集合2

参加者の中に大阪(自走で来たらしい)や和歌山などの
遠方の方もいらっしゃいますが、驚くことにほとんどの車両が
愛知・岐阜・三重のご近所さんみたいです。

50年も前のスクーターがわずか三県下でこれほど現役とは
正直驚きましたねえ・・・・思った以上に裾野の広い世界です。
我が町「豊橋」のナンバーも私含めて5台ありました。^^

その豊橋ナンバーのオーナー親娘がちょうど居たので
話しかけてみると、なんと我が家のご近所さん!
(とは言っても3㎞ほど離れてるけどね)

ウサギ友達第1号出来ました。^^

2時間ほどの滞在でしたが帰路も2時間以上かかる
ので後ろ髪引かれながらも閉場前に出発しました。
次回は別の主催者ですが7月に静岡県御前崎で
開催されるとの事です。



てーしゃつ

参加記念にと会場で買った特製ラビットTシャツです。
53歳のオヤヂが着るにはやや抵抗ありそうな絵柄ですし
3000円は安くなかったけれど (あまりお金持ってなかった)
来月の会合には来て行こうと思います。


主催者のブログです。
私本人は写ってませんが愛車がデカデカと載りました。
http://trinda450.blogspot.jp/





2016_05
21
(Sat)22:49

オヤジの休日 160521

これから整備

久々に予定の無い休日。
とは言っても妻が仕事の当番で1日中家事をしなければ
ならないけれど、その合間を縫って愛機の整備をしようと。
洗濯 ・ 布団干しを終えたところで作業に入ります。


スクリーン変える

まずは先日のGWのツーリングのアクシデントで割ってしまった
スクリーンを交換することにします。

※ このアクシデントについては連載中の四国ツーリングにて
   後日記事にします。


これまではクリアーなスクリーンを付けてましたが今回は
同じメーカーの同サイズですがスモークタイプを選択しました。



りりしい?

割れたスクリーンは外しましたけど取付金具はそのまま
これまでものを再利用しましたので交換は10分で終了です。
スモークもなかなかこれまでと違う雰囲気で悪くないですね。



LED2

続いてヘッドライトのバルブをハロゲンからLEDに変更します。
2003年以降のオートバイは常点灯が義務化されましたので
走行中は常に点灯状態になりますので高寿命のLEDに
試験的に導入しました。

変更と言っても通常のバルブ交換と同じでポン付けなので
難しいところは何もありません。
ちなみにリヤのコンビランプは昨年の北海道ツーリング前に
交換して好結果を得ています。


点灯状態

取付後の試験点灯です。
基盤にLEDチップが載るという構造上の制約でヘッドライトの
レンズ面の上半分しか光っていませんが光量は十分ありまして
夜の走行に不安も無さそうです。

※ ただし光軸の関係で車検は通らないと思います。
   試される場合は自己責任でお願いします。



プラグ交換

最後にセカンドバイクのウサ姫のプラグ交換もついでに実施。
現在のプラグがいつ交換されたものか判らないので念の為に
交換しておきました。

2サイクルエンジンの場合、半年~1年くらいで交換して
置かないと性能に大きく影響する場合が多いのです。
案の定、交換して外したプラグは真っ黒に焼けてました。
ここまでの整備は僅か30分程で出来ます。

いつもここでも言うのですが今日の整備の内容でも
お店に頼めば安くない手数料がかかってしまいますから
趣味としてバイクに乗る以上、最低限の整備は覚えましょう。

お金を出せば何でも店がやってくれますが、それでは
機械に対する愛情はいつまで経っても育まずちょっとした
きっかけや気分で手放すことになってしまいます。

きっかけはともかく一度はバイクに乗るという選択を自ら
出したのですから長くかかわっていく為にも手間という愛情を
注ぎましょう。

好きになるという入口は同じでも情があって手放せないという
領域に達するまでには手間暇の掛け方で大きく違ってきます。
めんどくさいからとか判らないからと言って自分で何も調べず
試さずでは一生の趣味には根付かないと思います。

難しいことを言ってるのでありません。
最初はネジ一本増し締めするくらいで十分です。
ドライバー1本でネジを締める。

言葉に書くと何でもない事のようですが、締め加減や
ドライバーの選択など整備の基本が多く詰まっています。
そして大事なのはそれを自分でやるという意識です。

お金だけ出して手間を惜しむとロクな子供に育たないのは
人間と根本は一緒だと思うというのは言いすぎでしょうか?
でも思わずに居られないほど薄っぺらいライダーが増えたのは
事実です。

オートバイが好きではなくて格好よく見せる手段として利用する
だけ、社会生活のうっぷんを晴らすためだけに乗ってるような
ライダーが増えたような気がします。

それじゃあつまらんよな。




2016_03
20
(Sun)18:39

オヤヂの休日 4

前回の更新よりまた20日程経ってしまいました。
このところ週末になると体調崩していて先週の土日も
食あたりして高熱と下痢嘔吐に苦しんでいました。

で、やっと普通に元気で天気も良い休日

何をするかといえば・・・・



整備の日320

春のツーリングに向けて相棒の整備です。^^
今日は以前より調子の悪かったフロントブレーキの
ワイヤー交換をしたいと思います。

(工具箱の左に置いてあるのが新品のワイヤーです。)

ウサ姫は約50年前に製造を終えたバイクにしては
現在でも多くの消耗部品が入手可能です。
当時のストックを販売しているものもありますが
ブレーキワイヤーの部品は現代の規格品と互換が
出来るので比較的容易に代替え品が生産出来るようです。

とは言っても自分で必要な素材を買って来て1から
作るのは効率やコストの面で負担が大きいので
予めポン付け出来るように加工してくれるメーカーや
個人の方の存在が大変ありがたいです。


整備の日320 2

整備の基本であるバッテリーの端子を外します。
直接は関係ないのですが、ワイヤーの引き回しで
ハーネス部分にも手を入れるので念の為です。


整備の日 3

次に古いワイヤーケーブルを取り外します。
容易に外せるようにレバー側のワイヤーは先に外してます。



整備の日3202

新しいワイヤーに取り換え、ここまでの整備時間20分。
この後は調整に入るのですが思ったよりブレーキライニングが
減っているのか、ちゃんと効くようになるまで30分掛かりました。
そして家の前で動作チェックをすると・・・・・・

今までの3倍は良くなりました!



古いワイヤーの抵抗がかなり強かったようで、交換後は嘘のように
スムーズに・・・というよりよく今までの状態で乗ってたなとガクブル。
古いバイクなんてこんなものかと思い込みが相当酷い状態のまま
走っていたこと考えると今更ながらゾッとします。

この後、外していた各部を元に戻して整備終了です。
使った工具はスパナとドライバーだけと比較的工程は簡単ですが
ブレーキと言う安全に最重要部品なので細心の注意が必要。

極端に言えばネジの締め付け一つで命に係わりますので
普段整備をしない方が見よう見まねでやらない方が賢明です。
ちゃんとお金を出してお店の方にやってもらいましょう。

ちなみにウサ姫のようなビンテージは普通のお店では
整備を断られる場合が多いので自分でやれない方が手を出す
のはリスクが大きく、敷居の高い原因にもなってます。

本当に面白いものは

比例してリスクも高い



このバイクも当て嵌まるようです。

てなっ  ^^




※ いつのまにか90万ヒット達成してました。
   ご訪問いつもありがとうございます。





2016_02
27
(Sat)19:53

オヤヂの休日 その3


27日土曜日休日、本当なら早朝から出かけようと思ってた。
しかし、昨夜ジムでの運動を張り切り過ぎたのか見事に寝坊。
仕方ないので午前中は録画したテレビを見て過ごす。


ポンポコ

今日は妻は仕事で当直で明日の朝まで不在。
夕飯はカレーを煮てあるので困らないけど昼飯はどうしよう?
買い物でかけるのも億劫なので家にあるものを探すと・・・。

出てきましたよ東三河人のソウルフードと言っても過言でない、

ポンポコラーメンが! ^^

愛知のラーメンと言えば名古屋の寿がきや、碧南のキリンが
近年結構メディアに登場し有名だが、これはどちらも愛知で
言えば西三河のメーカーが作っているもの。

東三河で製造され長年愛されているのはこのポンポコなのだ。
社員50名の小さな会社だし、大手と違ってTVCMなど無いけれど
愛知県の東半分の東三河地方で知らぬ人は居まい。


ぽんぽこす

さっそく冷蔵庫の余りモノから白菜、ネギ、焼き豚、卵を使って
豪華な?昼食が完成しコショウをいっぱい振って食す。
近年のラーメンに無い素朴な味だし幼き頃から細胞に
刻まれているので飽きることが無い。^^


菜の花うさぎ

なのはな1


腹も満たされたのだが既に午後一時と遠くに行くのは
無理なのでウサ姫に乗って南に向かいます。
途中で黄色のウサ姫にピッタリな菜の花畑で撮影。

作秋にウサ姫のオーナーになってから考えていて
待ち望んでいたショットが撮れました。


いらご

自宅から1時間ちょっと走って到着したのは
渥美半島の先端にある伊良湖岬です。

なぜか昔からクルマでもバイクでも新車でも中古でも
我家に来たら最初に行くことが多い場所なんです。
往復約100kmと(やや大回り気味に行ってだが)
慣らしやインプレッションにちょうどいいという理由。

ウサ姫の場合、納車直後から色々あってなかなか
来ることが出来ませんでしたが、これで無事に我家の
仲間入り儀式を終えることが出来ました。

ちなみにここ伊良湖岬は別名「恋人岬」と地元では
呼ばれてまして休日の今日は上の画像にはありませんが
カップルだらけで中年オヤヂ独りでは居場所が無い。


写真撮ってすぐ退散しました。(笑)

2016_02
22
(Mon)21:43

オヤヂの休日 その2


向かった先は自宅からは割と近い先週開通したばかりの

新東名214


新東名の新規開通区間です。

今回開通したのは浜松いなさJCTから豊田東JCT間の53km。
オイラが居を置く豊橋市からは東西どちらに向かうのに

まったく通る必要の無い区間でして
ならば、一度くらいは無駄に走ってみようと思いました。

家を出て最初に静岡県三ケ日に向かいまして東名高速下りに
入って三遠道路を経由しJCTから新東名に入ります。
目的は今回の開通区間に2つあるSAとPA。

実はこの日、低気圧の影響が残ってて増して山間部のみ
走る新東名は強風の洗礼で横風にぶっ飛ばされそうに
なりながら必死になって走ります。


PA

30分後に最初の目的地 「長篠設楽原」に到着しました。
なかなか凝った造りのPAでして建屋は陣屋風に徹底し
各部のディティールもこれまでのPAと一線を画しています。

背後に見える丘は長篠の合戦時に織田軍が本陣を置いた場所で
登って行く階段が設置されており何か再現されているようですが
私は強風の中の走行でへとへとだったので登りませんでした。^^

画像では見えませんが建屋の裏にはかつての合戦の場を
一望できる展望台が設置されております。
これも階段が長いので行きませんでしたが。



自販機1

気に入ったのはこの自販機の並びですが何が普通と
違うかわかりますか?



自販機2

なんと7台の自販機を連ねて1枚の合戦の絵が描かれています。
まさしく日本でここだけの合戦絵が装飾された自販機ですね。
力の入れようが半端ではありません。



自販機3

別の場所にある1台は織田軍の幟とカブトとまあ
ここまでやるか? の西軍派に徹しています。
武田派には居心地の悪いPAでもあります。^^


この後、メインの岡崎SAにも寄ろうと思いましたが
入り口前から長い渋滞が続いており、いつ入れるか
判らない状態だったのであきらめて帰路に着きました。


少し状況が落ち着いてから行きたいと思います。
ちなみに三ヶ日 - 岡崎間はETC休日割りで740円でした。










2016_02
21
(Sun)22:02

オヤヂの休日 その1

珍しく何も用事の無い休日。
久しぶりにプラモデルでも作ろうかなと思ったけどせっかくの快晴。
そういえば一カ月近くバイクに乗ってないので出かけることに。


用品店1

まずはウサ姫に乗って次回の整備の為にギヤオイルと
来月の海外旅行にも使えるショルダーバッグを購入。



美術館

その帰りに普段は滅多に行かない地元の美術館へ。
この近辺は犬の散歩で良く来るけどこの建物に入るのは
10年くらい前の竹久夢二展以来になるのかな?



プラモデル展

昨日から始まったタミヤとファインモールドによる模型展。
美術館なので内部の撮影は出来ないのはご勘弁を。
模型好きのオイラにはなかなか見ごたえがありました。

※ファインモールド社は我が町豊橋にあるプラモデルメーカーで
  宮崎駿アニメのとかスターウォーズメカの製品化で有名です。


はっちゃんGO



一旦自宅に戻って昼飯食った後はW800(はっちゃん)に
乗り換えて再び出発します。^^
どこへ向かったかと言うと・・・・



次回につづく





2016_01
24
(Sun)17:45

タイヤ交換

タイヤ1

一度は私の所有になったが代替車があまりに不調で
再び長男の通学バイクに戻った原付のホンダ・ディオ。
昨春に駆動系パーツは一新してるけどタイヤが摩耗で限界。

ショップで交換してもらうとタイヤの定価と作業料で2万円は
かかってしまうので、給付金もらってる学生でも大きな負担だ。
そこで私が交換することにして密林でタイヤを購入。

前後2本で5000円だけど一応国産ブランド

さっそく交換に着手したいけど我が家には必要な工具が無いし
この寒空の下でやるのも嫌なので友人のピットを借りることに。
交換用のタイヤを積んで3㎞離れた友人宅へGO!





タイヤ2

到着後早速交換開始!
暖房を効かせておいてくれたので快適である。
一部に外しにくい部分があったので予定より時間がかかったけど
なんとか明るい時間に無事終了しました。

大学入学と共に購入し2回目のタイヤ交換で走行距離も
すでに3万キロを超えているけど定期メンテナンスを欠かさない
ので機関も調子よく、まだまだ活躍してくれそうだ。

走行中に分解してもおかしくない私のラビットより
移動機械としては、はるかに優秀なんだよな。 ^^;


2016_01
16
(Sat)07:10

はっちゃんと早3年

ライダーにリターンしW800(はっちゃん)買って間もなく3年。
最初の年のGWに四国ツーリングしたのを皮切りにこれまでに
九州・北陸・東北・山陰・北海道と全国を走ってきた。


地図1
※ クリックすると大きく見れます。

可視化してみると結構走ったよなと思う反面、まだまだ
足を踏み入れていない地域が多いのに気が付く。
渡道県別に上の地図で見ると青森・宮城・福島・群馬・埼玉
盛岡・和歌山・長崎・佐賀・沖縄と10県は一歩も未踏だし
千葉のようにカスッただけの場所まで入れるとかなり多い。
あ、奈良もだ。^^

今年のツーリングの目標としてこれら未踏の制覇です。
手始めはGWに北関東あたりに行きたいなと。


朱鞠内湖

この3年で走行距離も約27000㎞になり、よほどの希少車
でも無い限り中古車市場ではポンコツ扱いされる年式に
なってしまった相棒はっちゃんですけどまだまだ元気。

エンジンの寿命から言えばようやく慣らしが終わって
絶好調状態でして力感も燃費も全く衰えておりません。
むしろ自身の身体のが加齢を感じているほどです。^^;

大型バイクとしての性能は最も低いレベルに属しますけど
30㎏の荷物と70㎏の私を載せてのんびり旅するには
最も適しており、全く不満を感じておりません。

200馬力のエンジンに時速300㎞のオートバイも
免許上乗れますけれど私の相棒には適しませんね。
持て余すというより年齢的にも似合いませんし。(笑)

そんなの買える金も無いけどな。


ちょっとしたコンビニまでのお使い出来るほど気構え
要らないし、でもロングツーリングにも答えてくれる
趣味一辺倒のバイクよりちょっと生活寄りなポジション。
そんなはっちゃんと今年も走ります。


さあ、どこへ行こうか?相棒!

2016_01
05
(Tue)14:29

52歳で初めての経験

陸運

連休最終日、最後の用事を済ますべく出かけたのは陸運局。
別に殴り込みに来たわけじゃない、然るべく手続きの為です。
めんどくさいんですが法で決まっている以上避けられない。

愛車はっちゃん(W800)の車検です。

一応月末まで期限はあるのですが土日は営業しない
お役所ですので有給を取らなくて済む連休中に済ませます。
生まれて初めてユーザー車検なるものに挑戦してみました。


陸運1

一応手順は先に受けた友人からメールで詳しく説明を頂き
ましたが、それでも初めてなものはそれなりに緊張します。
午前8:45の開所時間を待って、まずは必要書類の購入と
重量税・自賠責保険料の払い込みで収入印紙込みで
18、000円少々を現金で支払います。


陸運局2

購入した用紙に必要事項を書き込み窓口に提出してOK
もらえば母屋の隣にあるテストセンターへ行って2000円を
払ってヘッドライトの光軸調整を済ませたらいよいよ本審査。



陸運局3

最初に書類に不備が無いかここでも再チェックして係員の
合図を元に灯火類の機能チェックとハンマーによる打音で
重要部分のネジの緩みを調べて合格なら屋内の検査場へ。

シャシーダイナモの上にバイクを固定しブレーキとメーターの
作動テストを前方の電光掲示板に表示される指示に従って
ここでも合格ならいよいよ最後に排ガス検査。

すべて一発合格しました。^^b

ちなみにこの日は空いていて朝一番の手続き開始から
書類購入→自賠責払込→書類書込み→事前調整→本審査
合格証受取りまで1時間も掛かりませんでした。

つうか2輪はオイラ一人だけだったので ^^


最初の懸念よりはるかに簡単だったし費用も2万ちょっとと
販売店に任せて手数料取られるより半額以下で済みました。
ただ注意してほしいのは本来なら販売店でする整備を自分で
しなければならないので全てが自己責任になるという事。

慣れれば簡単なことなんですが安いからというだけで
整備を怠った車両を持ち込めば係員もプロですからすぐに
不合格・再検査になり手間も倍以上になったりします。

今回の私も出発の1時間前から各部の目視点検、ネジの
ゆるみ、油量、動作機能を確認してから持ち込んだので
一発合格が出来たのです。


自賠責

帰宅後に新しい自賠責ステッカーを貼ってこれで終了です。
これでこの先2年間の道路走行許可を頂いた事になります。
ちなみにこの3年間の走行距離は27100kmでした。

※ 費用に任意保険は含みません。
   もちろん私は別途手続き済。


2016_01
02
(Sat)19:53

今年最初のバイクイベント

うさぎとお散歩

例年になく暖かいお正月、うずうずするのでウサ姫と散歩に出た。
川辺の道路を心地よい風を受けながら上流に向かって走ります。
以前から行ってみたかったイベント会場に向かっています。



イベント2016

1時間ちょっと走って着いたのは我が町から北方にある新城市。
近年では4輪のラリーでも有名な街ですが今日はバイクイベント。
そのイベントの名は

「桜淵バイクミーティング」


ほんの数年前に始まった4輪ラリーと違って今年で41年目。
80年代の第一次バイクブームより更に以前から開催されている
日本でも最古の部類に入るバイクだけのイベントミーティング。

このミーティングの凄いのはメーカーや自治体は一切関係なく
この新城市にある一軒のバイク屋さんが始めたということ。
それが40年以上に渡って継続されている。

当初はそのバイク屋さんのお客さんだけの集まりだったのが
長い年月の間に口コミで広がって、今では1000台以上の
バイクが集まる日本有数のイベントに成長したのです。


うさぎいっぱい
☆ ウサギのお仲間がいっぱいいました。^^

このイベントの特徴は1月2日に開催されるということ。
ジャンルは全く関係なく走り屋からツアラー、○走族の方々
まで一切の縛りがなく参加自由だということ。

更に主催者によるチャリティイベントはあるけれど
ここに集まって何をするとかではなく、自慢の愛車を
披露しにくるだけの人から、毎年ここで会うことを
決めているだけの人までそれぞれが自由に過ごすだけ。
もちろん時間なんて決まっていません。

このユルさが幅広い人々に受け入れられて
集まるバイクの多彩さは他のどんなバイクイベントよりも
充実しているように感じました。

遠くは関西や関東からの参加組もいましたけれど
やはり9割は愛知県と静岡県の参加者が多かった。
初めて参加しましたが感想はというと・・・・

バイク馬鹿がこんなにいっぱいいるんだ!

と感激したことかな? (笑)





»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。